FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

だめっこどうぶつビスケット

日々のあれこれやゲームのプレイ感想等を綴っています。東京喰種感想に関してはヤンジャンで連載中の最新話に対する感想となります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

先週の東京喰種:re感想 

やはり年末も差し迫ってくると感想を書くのも難しいですね。
小説やコミックス:re1巻の感想も書きたいところですが、あんまり書けないかも…

副題は「擬枠」。これって疑惑とももちろん取れるけど、サッサンが現在、居る枠組み=CCGでありシャトーであり…が擬似的な枠組みでしかないという揶揄のようにも取れる。


扉絵のスニーカーはなんの暗示なのか、ちょっと気になります。誰の靴か…ということよりも、お店、しかも喫茶店の中に唐突にスニーカーが脱ぎ捨ててあるとか不自然じゃないです?
もう一人誰かがいて、慌てて隠れた、とかなのかな。

サッサンはお店を出てから、ちと挙動不審。六月もなにか気にしている様子。嫉妬っぽくも見えますが、副題の疑惑を考えると喫茶店:reで出会った女性が喰種ではないか…疑っている可能性もありそう。

元ウリエ班、現シラズ班の面々は皆で才子ちゃんの部屋へ突撃!
才子ちゃんは相変わらずゲームに夢中のようです。シラズ達は無理矢理ドアを壊して侵入。
才子ちゃんがニートの自覚があって、自らニー活とか言っているのに笑ってしまいました。
才子ちゃんにやる気を出させるために、ウリエは才子の退去計画が進んでいると嘘をつきます。クインクスの施術同意書によると、施術を受ければCCGから半永久的な補助が受けられるようですが、才子やシラズはちゃんと読んでいないようです。六月は嘘だと分かっていて黙って見てるっぽい?
ウリエが班長だった時に才子を使わなかったのはワザとだったようですね。シラズ班が上手くいかなくなるように、敢えて才子にやる気を出して欲しいみたい。
そこで、とうとう働きます宣言を出した才子ちゃんですが…鈴屋班との顔合わせがあるというのに、早速寝坊です
しかし、サッサンに起きないときは一生起きないよ…って断言されるほど才子ちゃんは寝汚いらしく、サッサン達は諦めて出発。シラズだけが残り、才子ちゃんを起こしに…。
六月がこの時サッサンに話し掛けたのは、喫茶店:reでのことを聞きたかったのかな。
鈴屋班との顔合わせ。
なんと什造もお寝坊で、半兵衛だけが登場です。什造の右腕的存在でいたい──ということは、時間軸はJOKERでのエピソードの後っぽいですね。
ところで、半兵衛がさらっとマダム界とか言ってますが、ビッグマダムとマダムAだけではなく、他にもたくさんマダムがいるのでしょうか? ナッツクラッカーはマダムの一人? マダム界は美食クラブとも関わりがあるよう。美食クラブもまだ存在しているようです。
会議中にサッサンは喫茶店:reでの出来事を思い起こします。
何故か、サッサン達の座るテーブルに一緒に着席する四方さん。怪し過ぎですw 四方さんもトーカもサッサン=カネキだとは気が付いているようです。四方さんが同席したのは、カネキに思い出して欲しかったから?
:reのコーヒーを飲んだサッサンは思わず涙を零してしまいます。でも、カネキ時代を思い出すまでには至らず。喰種の力を解放していない平常時だと、そう簡単には記憶が蘇らないのかな。
最後のハンカチを差し出すトーカちゃんは少し泣いているようにも見えます。
ここで、サッサンがトーカちゃんのことを「こんなに綺麗な人がいるんだ」って思ったのが、これまた意外でした。
だって、カネキさん時代もトーカちゃんは大切な存在だったろうけども、特に女性として意識はしてなさそう…ってか、可愛いとか綺麗とかって思ってなかったよね?
ともかく、サッサンにとってトーカちゃんは印象的な女性として心に残った様子。
トーカちゃん達の立場からは、喰種だとバレる可能性があるから下手にサッサンに声を掛けたりアクション取るのは難しい&トーカちゃんは半喰種になって苦しんでいたカネキを良く知っているから、現在、彼が人間の世界で上手くやっていけているなら、そっとしておきたいだろうし。
そうなると、今後サッサンの方から喫茶店に通ったりして接点が増えるのかなーと思いました。


小説「昔日」は小間さんの話が書き下ろし。
魔猿さんの話は面白く、かつすごく考えさせられました。芳村店長が望んでいたのって、本当に文字通り人間と喰種との共存であって、それが「あんていく」の中では実現出来ていた…というのが漫画よりも分かりやすくて良かった。

:re1巻は、巻頭部分がカラーページだったのがすごく嬉しかったです
そして、オマケも充実していて良かった。
最後の4コマの有馬さんと才子ちゃんには笑わせていただきました。
有馬さんやっぱり天然なのね。宇井ちゃんには、いつも怒られているっぽい。それから、武臣がブジンとあだ名が付いているのはくらもっさんのタケさんへの気遣いだったと分かって、納得しました。
そして、才子ちゃんは思っていた以上にオタクでクズニートでしたw
あんなにツイッターで情報だだ漏れさせて大丈夫なのかしら? 一応、ニートであることに罪悪感というか後ろめたさはあるみたいですが…。とりあえず、才子ちゃんみたいなキャラは嫌いじゃない…ってか好きです
家族ごっことはいえ、CCGの同僚やクインクス達に囲まれているサッサンはやはり幸せそうで、なんとも複雑です。
そういや、2話目の副題はreを付けた場合、リーダー=指導者leaderしか思い付かなかったけど、コミックスで読み直してreader読書家とも掛けてあることに気が付きました。
こうやって、コミックスでようやく気が付くことも結構あるんだよなあ…(;・∀・)

Posted on 2014/12/24 Wed. 11:09 [edit]

category: 東京喰種関連

TB: 0    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://hbk.blog11.fc2.com/tb.php/405-353b1c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。