FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

だめっこどうぶつビスケット

日々のあれこれやゲームのプレイ感想等を綴っています。東京喰種感想に関してはヤンジャンで連載中の最新話に対する感想となります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

東京喰種14巻を読んでの感想&考察などなど 

体調もようやく良くなってきたので14巻をやっと読みました。やはり、雑誌で読んでの感想とコミックスで読んでの感想はまた違ってきますね。
それと、ミラジャンの昔日、「似色」も読みました。
感想は一応追記にて。
昔日の方は貴未さんと錦先輩の過去話。
貴未さんが家族を交通事故で失って完全に落ちている時に錦先輩に出会って付き合い始めて立ち直る話。
原作からも推測出来るような内容だったので、コレわざわざ小説にするような話なのかなー?と思いましたが、他のキャラは難しいのかな?
例えば、個人的には亜門さんの過去話(ドナート絡みでも張間さん絡みでも)とか大いに興味があるのですが、これはさすがに漫画で語られるだろうからアウトか。
昔日も書籍化されるようです。しかし、小説ではお馴染みの堀ちえとかが出てきていないので、加筆エピソードがある予感。

さて14巻を読み直しての感想です。
まず亜門さんの「コクリア送りだ」の科白。
雑誌で読んだ時はコクリア編への伏線?と思いましたが、違った…ということは別の意味がありそう。亜門さん自身がコクリア行きになる伏線だったり…などと考えてしまいましたが、例え亜門さんが半喰種にされていたとしてもCCG側は亜門さんが元人間であることは百も承知だろうから、コクリア行きは無いか。いや、でも、もし亜門さんが半喰種になったとしたら、喰種側の世界が分かったあとで彼がコクリアに行ってドナートと会って対話するイベントが発生しそう。
というか、今回あんていく戦でのCCGの方針は全殲滅、コクリア行き0ということを考えると、亜門さんは今回のCCGの方針を知らされていなかったことになります。他でも、隻眼梟が現れた時、一般局員達が「梟がもう1体!?」と驚いていたり、法寺さんや宇井くん達も梟が2体いるとちゃんと知らされていなかったっぽいので、准特以下は梟が2体いることを知らなかったのかも。
本当の作戦はヨシトキさんと丸手さんしか知らなかった…と考えると、CCG側のイマイチ連携の取れてなかった感が説明出来そう。
逆にヒデは、丸手さんの様子を見て喰種は全殲滅っていう方針を察していた可能性高し。だから、ムカデ=カネキが現れたと聞いた時怖い顔をした&危険を冒してでもカネキさんを助けに行ったのかなーと考えてます。

vs隻眼梟戦では、雑誌掲載時、どうして隻眼梟は篠原さんの脚を落として「おそろい」とか、まるで什造に対する当てつけみたいなことをしたのかな?と疑問に感じていましたが、もしかすると什造がビッグマダムのところで飼い人として飼われていたのは喰種の間ではそこそこ有名な話で、エトはもともと什造を知っていた&喰種の飼い人だったのにCCGに助けられあっさり人間の世界に戻って且つCCG捜査官になった什造を快く思ってなかった、ゆえに当てつけみたいな真似をしたのかな?とも思いました。恐らくエトが24区から人間の世界に入っていくのは相当大変だったのではないか?と思うので、什造をそういう意味でやっかんでいてもおかしくないかと。
エトがあの場で直ぐに店長を回収して撤退しなかったのは、強い捜査官の数を減らす目的もあったのかも。そうじゃないと無意味すぎるし。もし、有馬さんがエトと通じていたのなら、有馬さんもその目的を知っていて敢えて直ぐに駆け付けなかったのかな?

宗太の顔は結局最後まで明かされませんでしたね。宗太は仲間の喰種と一緒にいる時も常にマスクで顔を隠しているので、エトみたいに人間の世界でもそこそこ有名人だったりするのかな?とか思ってます。ストーリー的にキーマンだと思うし、既に出ている人物だとは思うのですが、いくら考えてもコレ!といった正体が思い付きません(;・∀・)

CCG捜査官の負傷者や死亡者のリストを改めて見ても、やっぱり行方不明者がヒデだけなのが気になる。重傷も重体も死亡も「…他多数」って付いているのに、行方不明だけ付いてないのが解せぬ。

そいでもって、やっぱりタタラさんが「王が通る」と言ってるシーンは引っ掛かりを感じる。あそこで「お前らの生き死には俺が管理する」という科白が案外意味深です。
以前にCCG及びVが喰種の数をコントロールしているのでは?と書いたけれども、それに対する反発というか逆に俺が管理してやるみたいな意味に取れる…というか。
でも、あのシーンでアオギリが管理するでもなく王が管理するでもなく「俺が」っていうところが…。まるで、アオギリのリーダーがタタラさんみたいじゃね?

最後のエピローグ、アキラが墓参りしているのはこうして見ると普通にお父さんのお墓っぽいですね。「私は自分の勘を信じるよ、あいつらは…」って言っているのは、亜門と政道は生きている…とアキラは考えているということなのかな?
この頃の佐々木捜査官は初々しい感じですv
もしかしたら、また追加で感想書くかも…ですが、今日はこんなところで。

Posted on 2014/10/29 Wed. 03:08 [edit]

category: 東京喰種関連

TB: 0    CM: 0

29

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://hbk.blog11.fc2.com/tb.php/397-545512ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。