FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

だめっこどうぶつビスケット

日々のあれこれやゲームのプレイ感想等を綴っています。東京喰種感想に関してはヤンジャンで連載中の最新話に対する感想となります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

今週の東京喰種感想 

今週は合併号明けで2週間ぶりの東京喰種です。
副題は「畏錯」。いさく……遺作!?と思ったのですが、139話だから……っぽい。
ミラジャンの小説、昔日「惹者」も読みました。これはリゼさん話というよりは万丈さんの話だった。
そして、13巻も発売されましたね。13巻はまだざっとしか読んでません。

今週の感想ですが、いま手元にヤンジャンがないので曖昧な部分があります。

左目ごと脳を貫通されてしまったカネキさんは、あまりの痛みに発狂しそう…てか、発狂してる。
まあ、普段は痛みを感じてないわけじゃなくて、ただの痩せ我慢だったんだものね。
前回のところ赫子を出していなかったので、出せないのかな?とも思いましたが、脳貫通の反動かものすごい量?(という表現でいいのか??)の赫子を出すカネキさん。それを、ひょいひょいと軽く避ける有馬さん。こんだけ出してるのに掠りもしないとか…有馬さん強すぎい。
それから、これはお腹の方からも赫子を出してるのかな? 先っぽに指先の付いた赫子を出してIXAを掴み抜いています。この指付きの赫子が隻眼梟の赫子にも似ていて…これは、赫者特有の赫子だったりするのでしょうか?
なにかもう、混乱しきっちゃってるカネキさんにヒデが話し掛けてるっぽい。んですが、ヒデは生きているとみていいの? 会話してる感じなので、ヒデがどこかで見ていてカネキさんに話し掛けているのかなあ…という気がしたのですが。だとすると、なにか通信機みたいのをカネキさんに取り付けているのでしょう。
落ち着けと言われて、カネキさんが諳んじたのは白秋の詩。
全然、白秋に詳しくないんで調べたところ「老いしアイヌの歌」という詩のようです。以前にカネキさんがムカデ化した時に呟いてたのも白秋の詩だったんですね。ということに、調べていて気が付いた。
カネキさんに対してなのか、白秋の詩に対してなのか、「綺麗だな」と感想を述べる有馬さん。なんか、ここのところは先週の美しいものは死を連想させる云々と対比してるのかな? ニコさんが言っていた「絶望の淵に立った人間は何故あんなにも美しくなれるのか」という言葉も連想されます。
有馬さんがどんなに強くても人間なんだから、とにかく一撃当てれば…!と必死に攻撃するカネキさん。しかし、当たらず。かろうじて、当たりそうだった攻撃はIXAに阻まれます。が、IXAにひびが入ります。このIXAってクインケ、そうとう強いですよね。遠隔起動であっちこっちから攻撃出来るみたいだし、防御も完璧だし。もとの赫子の持ち主はどんな喰種だったのでしょう?
そして、IXAにひびを入れられた有馬さん。「やるな、カネキケン」と笑顔。怖い、有馬さん、怖い!!
「白秋です」って言われた時に何か気がついたっぽいんで、その時に彼がカネキケンだと気が付いたのでしょうが、ヒデがもうマスクはいらないとか言ってたし、正体ばれてしまっても大丈夫ってことなのかな?
その割りには、有馬さんの攻撃が容赦無さ過ぎなんですが…。
IXAの攻撃で腹を貫かれ、ぶっ倒れているカネキさんにさらにもう一度左目をサクっとする有馬さん。
新しいクインケが要る…って、カネキさんクインケにされちゃうよおー(>_<)
そして、煽りが「悲劇の幕が上がる」って、まだ上がってなかったんですか!?
またしても次号が気になるところですが、次号は隻眼梟vsCCGサイドに戻りそうな気がする。

13巻をぱらぱらと見てて、ふと気が付いたのですが、10年前の隻眼梟って肩になにか生き物っぽいものを乗っけてますよね? 鳥っぽい生き物を。意味も無くああいうのを描くとは思えないので、鳥っぽい生き物に関係のある人物?と思ったのですが、ヘタレとちゅん太ぐらいしか思い付かず。
ヘタレって突然あんていくにやってきたし、隻眼梟がどうにもあんていくの事情に詳しい?と思えるような描写もあるのでなにかスパイみたいな、監視がいるのかな?と考えたことがあるのですが、もしかしてヘタレを放したのは隻眼梟で、ヘタレに何か盗聴器のようなものが仕込んであったりするのかなあ?などと思いました。あ、でもヘタレってヒナミが連れていったんだっけ? じゃあ違うか。なんなんだろう?鳥っぽい生き物。
10年前に生きていて、今も生きている鳥類といったらオウムとかヨウムとかになっちゃうから、10年前に隻眼梟が連れていた生き物はもう死んでいる可能性が高いんですけどね。

そういや、前号のカラーといい13巻の表紙といい有馬さんっていつの間にか白髪化したんでしょうか?
JACKの頃は黒かったと思うのですが、年を経るごとに白髪になっているような…。黒髪→白髪はカネキと被るし、白髪→黒髪の什造とは対照的になっている感じ。有馬さんもやっぱり何かしらの人体実験でも受けているのでしょうか?
シロクロやカネキさんへの嘉納先生の人体実験とかを考えると、充分非人道的なような気がするんですが、嘉納先生はCCGの暗部に嫌気がさしてCCGをやめて、アオギリ入りを果たしたわけで…。と考えると、嘉納先生がやってることよりももっと酷い何かをCCGがやってるってことだよね。しかし、嘉納先生がやってることが是として納得出来そうなくらい非道なことって一体何なんだろう? CCGの暗部が気になる。当然Vとは繋がってるんだろうけども、なにかそれだけでは済まないようなものがありそうな気がします。

Posted on 2014/08/23 Sat. 17:54 [edit]

category: 東京喰種関連

TB: 0    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://hbk.blog11.fc2.com/tb.php/385-aad25331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。