FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

だめっこどうぶつビスケット

日々のあれこれやゲームのプレイ感想等を綴っています。東京喰種感想に関してはヤンジャンで連載中の最新話に対する感想となります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

今週の東京喰種感想 

今週は先週に引き続き入見さんサイド。
副題は「改問」。出来るだけ副題も書いた方がいいかな?と思ったので、今後は忘れなければ書きたいと思います。基本的にダブルミーニングになっているので、タイトルの意味とか考えるのも楽しいです。
先週はヤンジャン発売だけじゃなくて、小説第三弾「昔日」が連載開始されたミラジャン、コミックス12巻、小説第二弾「空白」と相次いで発売されたので、さすがに全部読めていません(;・∀・)
まずは本誌の感想から。
おばあさんを助けた所為で形勢不利になってしまった入見さんは、温存していた赫子をついに発現。赫子を出さないっていうのはRc細胞温存の意味があったんですね。羽赫なら尚更か。そして、入見さんは羽赫、しかもSSレートと判明。SSレートなのは恐らく実力だけではなく「ブラックドーベル」のリーダーだから、というのもあるのでしょう。
入見さんは超感覚を駆使して、4人の捜査官相手に善戦。しかし、4対1ですし、おばあさん庇った所為で既に手負いな入見さんは平子さんにやられてしまいます。もしかしたら、平子さんいなかったら逃げ切れたのかも知れないですね。
入見さんは完全に死ぬ覚悟が出来ていて、今までの人生を振り返り「今日なら死ねる」と思うところが切ない。
鉢さんは入見さんに上司や同僚を散々殺された過去があるらしく、相当恨みに思っているよう。失礼ながら鉢さんが准特等に昇進出来たのは、上司や同僚が死んでしまって他に人がいなかったからなんじゃ…と思ってしまった。それと、鉢さんがコートで口元を隠していたのは歯茎が剥き出し状態になるほどの怪我を負っていたから…で、これも入見さんにやられた傷っぽい。はっきり言って、テラフォの某アドルフさんがよぎりましたw とはいえ、やはり鉢さんの暴走は見過ごせるものではなく、平子さんが民間人を巻き込もうとした鉢さんに物申します。が、鉢さん准特、平子さん上等…ということで、一応上司に当たるのであんまり強いことは云えないようです。
鉢さんは入見さんにとどめを刺そうとしますが、平子さんは情報源を持っているかも知れないから…と止めようとします。平子さんは入見さんがおばあさんを庇おうとしたことに気付いているのかも。しかし、やはり鉢さんのが上司なので…以下略。
そして、そして、鉢さんが入見さんにとどめを刺そうとする瞬間。
なんとカネキさん登場! 鉢さんのクインケを破壊しながら、鉢さんごとぶっ飛ばし。
てっきり、店長の所か亜門さんの所かヒデの所に現れるものかと思っていたので、ここに来るとは思っていなくて、びっくりしました。カネキさん、カッコイイ!!
すごく悪そうな顔をしているカネキさんに入見さんの「悪い子ね…」というセリフが被って、演出の上手さに痺れました。
ここで、入見さんがなんで助けに来たのよ…みたいな態度じゃないのがまた良い! トーカちゃんだったら、こうだよねw
包囲網とか心配する必要はなかったようです。さすがカネキさん。しかし、こうして直接捜査官と対峙することになって、果たしてカネキさんは人間に対して不殺を貫くのか。あるいは…? というのが、次号から気になる点です。
CCG側は梟討伐に行ったら、魔猿や黒狗もいて、しかも百足も出てきた…ってことで、きっと大わらわですよね。

ミラジャンで連載が始まった「昔日」は読みました。1回目はトーカちゃんがまだアヤトくんと一緒に暮らしていてあんていくのお世話になり始めた頃のお話。副題は「異族」。
ストーリーは簡単にいうと人間の密告でCCGに追われるようになった+お父さんもどうやらCCGにやられたっぽい…ということで、すっかり人間への警戒心がバリバリになってしまったトーカちゃんが、ある親子と関わったことで人間も喰種と同じで家族がいて愛情があって、人間もそう悪いやつばかりじゃないと気付き、学校に行くようになるまでのお話です。
小説は「日々」を読んだとき、ストーリーは面白いんだけど文章レベルがちょっと…??と思うところがあったのですが、昔日はそこまで気になるところはありませんでした。小説は基本的に石田先生がストーリー原案出していたりセリフも一部出していたりするようなので、ストーリーや構成自体は良いんですけど…ね。
12巻はおまけ部分だけ読みました。「空白」は、まだ全然読めていません。
12巻はおまけが結構豊富だったので、ほくほくでしたv でも、11巻はおまけページ以外に本編部分もそこそこ加筆されていたのですが、12巻はさすがに本編部分の加筆は無さそうかな? 石田先生はミラジャンの表紙+「昔日」の挿絵も描いていましたし、忙しいですよね。それでも、コミックスのおまけは相変わらず充実していて嬉しいですv
「空白」は聞くところによるとまたしても誤字とかそこそこあるようなので、編集…ちゃんとしろよ、と思いました。内容は気になるのでなるべく近いうちに読みたいです。

Posted on 2014/06/23 Mon. 12:53 [edit]

category: 東京喰種関連

TB: 0    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://hbk.blog11.fc2.com/tb.php/377-eed35b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。